精力の回復と勃起不全治療薬

精力減退とストレス

精力減退とストレス

50代に差し掛かると、多くの男性が精力減退の自覚症状を感じるようになってきます。その原因としてストレスが大きな要因を占めることは、あまり知られてはいません。

 

ED治療薬であるバイアグラなどを使用することで、一時的には男性機能を回復して、精力減退の自覚症状を抑えることができるかもしれませんが、根本であるストレスが亡くならない限り、解決に至ることはありません。

 

ストレス解消には良質のたんぱく質が有効だとされています。良質のタンパク質は各種の神経伝達物質を作り出しますが、摂取することで、不安や緊張を和らげる働きがあるものがあるからです。

 

人間はストレスを感じると、コルチゾンなどの副腎皮質ホルモンを分泌します。心身を正常なものに使用と対抗します。その副腎皮質ホルモンをつくるのが、良質のたんぱく質が役に立ちます。つまり、ストレスを感じると、それに対抗するため、体内のタンパク質はどんどん消費されることになります。

 

しかし、消費されたままで消失のタンパク質を摂取しなければ、体内のタンパク質がどんどん消費され続けてしまいます。

 

消費されたまま、良質のたんぱく質を補充しなければ、副腎皮質ホルモンが分泌されなくなります。そうなると、心身からストレスを追い出すことができなくなります。もちろん、運動をすることによってもストレスを解消することもできますが、絶えず良質なタンパク質を摂取することが重要なのです。